三軒茶屋の小径

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 三軒茶屋の小径
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月28日は、庭の日。
 「よい(4)にわ(28)」の語呂合わせから。

 先日用事があって、三軒茶屋(東京)へ行ったときのことです。
 予定の時間まで2時間あったので、駅の周辺を散歩しました。

 そこで気が付いたことは、庭のないお家が圧倒的に多いということでした。

 僕が歩いた場所がたまたまそうだったのかもしれないのですが、その代わり
 に歩道の広い道や遊歩道のような道が結構あり、そういうところは緑がたく
 さん植えられていて、歩いていてとても気持ちがよかったです。

 よく疑問に思うことに「土地を所有する」ということがあります。

 大地はもともと誰のものでもなかったはずなのに、誰が所有を始めたのだろ
 うと素朴に思います。
 
 そのうち、南極や遠いところでは宇宙まで所有権を主張する時代が来るのか
 もしれないと思いながら、幸せな三軒茶屋の小径を歩いていました。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 モールス信号と、その連想あれこれです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 モールス信号と、その連想あれこれです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。井上です。  
 本日、4月27日は、アメリカの発明家、モールス氏が生まれた日です。
 かの有名なモールス信号を発明なさった方です。

 実際にモールス信号をネットで聴いてみました。
 電子音のような感じで、テクノのような印象があります。
 また、これを耳にして、文章が判る方もいらっしゃると思うと、一種の外国
 語のようにも思えます。

 今でも無線の資格取得のために、学ばれている方もいらっしゃるようです。
 難易度も高そうですが、憶えてしまえば大変便利なように思いました。
 イザと申します際の備えにもなりそうですし……。

 何かで手旗信号を憶えていて、救助された方のお話を目にしたような記憶か
 ら、モールス信号も備えのような感覚があるのでしょう。

 ここまで難しくは無いのですが、自分が覚えていて非常に便利だと思います
 ものは、フォネティックコードです。

 すごく昔に旅行会社でアルバイトをしておりました際に、憶えなくてはなら
 なかったのです。

 旅行業界から遠ざかった現在、このコードはパソコン関係で役立っておりま
 す。

 例えば、サポートの方にPCの機種名を伝える時や知人にメールアドレスを教
 える際などなど、アルファベットを言わなくてはならない機会は案外多いも
 のです。
 特に私は、BとVやQとUの発音が上手く言い分けられないので、便利です。

 ただ、このコードには、いくつか種類がありますので、流派が分れてしまう
 のかもしれませんが……
 私自身が憶えたコードも、少なくともJANとARRLの2つが混ざってお
 りました。 (この後記を書くにあたり、ネットで確認しました。)
 
 今週から、5月の大型連休にはいります。
 もし、空港などに行かれる方がいらしたら、フォネティックコードを耳にす
 る機会があるのかもしれません。

 職員の方や乗務員の方が「チャーリークラス」と仰ってらっしゃるのは、C
 クラスです。
 「フォックスクラス」の場合には、Fクラスです。

 旅のお供のマメ知識になりますと、嬉しいです。
 皆さま、良い休暇をお過ごしください。

 
 実際に、音でモールス信号を聴いてみる方は下記のサイトをご覧ください。

 http://www.tele.soumu.go.jp/kids/break/break1.htm
 #総務省のページです。

 フォネティックコードはこちらです。
 http://fas.zz.tc/00427
 #wikipediaのページです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 休まないで歩け〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 休まないで歩け〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月26日は、「日本地震学会」ができた日。(1880年)

 ホームページはこちらになります。
 http://wwwsoc.nii.ac.jp/ssj/index.html 
 
 「学会員向け最新情報」のトップに
 「行政刷新会議事業仕分けに対する意見表明について(お知らせ)」
 (2009/11/24)
 と出ていました。
 http://wwwsoc.nii.ac.jp/ssj/shiwake.pdf

 内容は、以下に関する行政仕分けに対する意見となっています。
 ・次世代スパコン
 ・SPring8
 ・深海ドリリング
 ・地球内部ダイナミクス

 第1段の行政仕分けで話題となった「次世代スパコン」がここにも影響して
 いたとは、問題の深さを感じます。

 1歩前進するということは、3歩進んで2歩さがる感じなのかなと頭の中で
 想像しています。 

 だから水前寺清子さんは、「休まないで歩け〜」と歌っていたのでしょうね。

 水前寺清子「三百六十五歩のマーチ」
 http://fas.tobiiro.jp/100425/

 あらためてめて聴くと、とてもよい歌です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 カレーラーメン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 カレーラーメン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月25日は、カレーラーメンの日。
 「室蘭カレーラーメン」ブランド化支援事業実行委員会設立の日であること
 から。

 カレーうどんは結構好きですが、カレーラーメンはまだ一度も食べたことが
 ありません。

 しかも室蘭は遠い、と思っていたところ「愛知 カレーラーメン」で検索を
 かけるとヒットしました。

 カレーらーめん 麺屋ここいち
 http://www.menyacocoichi.jp/

 カレーで人気の「CoCo壱番屋」の姉妹店のようです。

 パスタ屋さんを展開しているのは知っていたのですが、ラーメン屋さんがあ
 るとは初めて知りました。

 今度行ってみたいと思います。
 そして、美味しかったら報告させていただこうと思います。

 ところで、今日のメインはこちらでした。
 室蘭カレーラーメン 公式ホームページ
 http://www.muroran-curryramen.com/

 できれば、味を比べてみたいものですね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 苦を選ぶこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 苦を選ぶこと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月24日は、日本ダービー記念日。
 この日、日本初のダービーが開催されたことから。(1932年)

 ダービーといえば競馬のことで、走るお馬さんはサラブレッドと呼ばれてい
 ます。

 そして金魚界のサラブレッドといえば、らんちゅうです。
 (すみません。あまり聞いたことないですが、間違いではないと思います)

 らんちゅうには、背ビレがありません。
 そして、頭(かしら)は見た感じぶくぶくしているものがよいとされている
 ようです。

 魅力的ならんちゅうを作るには、交配と淘汰とが繰り返されるのですが、こ
 れらを止めてしまうと背ビレも生え、身体はスマートになり、フナの形に戻
 ろうとするらしいです。

 先日もお話ししましたが、自然に逆らうことによって良いものを作ろうとし
 ているのだと思います。

 しかし、これは人間にも同じことが言えるのかもしれません。
 
 人は何もなければ楽をしたいと思います。
 そこでわざわざ苦を選ぶことによって魅力が備わってくるのではないかと思
 うのです。

 先日テレビで、雪国まいたけの大平喜信社長がお話しをしていました。
 大平社長は、「人生に負荷をかけることが大切」とおっしゃっていました。

 僕はまだまだ楽がぬけずにおりますが、これから一生懸命頑張っていきたい
 と思いました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ノウハウを知ることは楽しいけど

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 ノウハウを知ることは楽しいけど
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月23日は、サン・ジョルディの日。
 本とバラを贈りあう日。
 
 ということですので、僕からは本の紹介をさせていただきます。

 最近読んだ本では「なぜ、ノウハウ本を実行できないのか」(ダイヤモンド
 社)が個人的には勉強になりました。

 実行できない理由は大きく3つあるのですが、その中でも特に納得できたの
 は、「ノウハウを知ることが楽しい」ということです。

 ノウハウを知ることで満足してしまい、行動に移すところまでいかないとい
 うことです。
 
 そのためには反復練習が必要だとか行動に移す手だてが分かりやすく書かれ
 ていています。

 読んでみると結局当たり前のことだと思うのですが、そこで満足してしまう
 と、またノウハウ本を実行できないままの自分がいます。

 つまり、知ることは楽しく、行動することは面倒なのですね。

 この本にしても、1回読んで満足するのではなく、何回も繰り返し読まなけ
 れば行動は変わらないということだと思います。

 127ページの薄い本です。

 特に「新発見!」があるわけではありませんので、興味のある方は、書店で
 ペラペラ見てからの購入をおすすめします。

 「なぜ、ノウハウ本を実行できないのか」
 http://fas.zz.tc/00423
 (楽天ブックス)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 穀雨


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 穀雨
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 井上です。

 今日4月20日は、穀雨(こくう)です。
 1年を24に分けた二十四節気で、田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨
 の降るころ。

 二十四節気をもっと細かくした七十二候は、穀雨の期間を以下の3つに分け
 ています。

 ・葭始生(よし はじめて しょうず) : 葦が芽を吹き始める
 ・霜止出苗(しも やんで なえ いず): 霜が終わり稲の苗が生長する
 ・牡丹華(ぼたん はな さく): 牡丹の花が咲く

 先週のお天気は少々荒れもようのように思いました。
 4月にしては珍しく降雪も記録した街もあったそうです。

 とはいえ、季節は移り行き、お日さまがでる日には気温もあがっています。
 快晴の週末になりました土曜日に、最寄り駅の向こうの商店街まで買い物へ
 いってきました。
 駅前のこぢんまりとした広場にはツツジが植えられており、少しずつ咲き始
 めているのを発見しました。
 もしかしましたら、来週辺りには一気に咲き誇るのかもしれません。

 また、駅近辺にはハルジオンとマーガレット(詳細は調べてはいないのです
 が、白いお花でしたので……)も植わっていました。

 買い物にいく道中、ご近所のお庭に夏みかんが生っているのを見つけました。
 行きと帰りに「夏みかんなのに、今は4月ですのに?」と、脳内に大きな疑
 問符が浮かんでまいりました。

 編集後記を記載するに当たりまして、Googleさんで検索をかけますと、意外
 な真実が。
 私は今まで全く知らなかったのですが、夏みかんの熟成する時期は4月から
 5月だったのです。

 さらに、晩白柚(ばんぺいゆ)の収穫時期が、冬と申しますことも判明しま
 した。
 うろ覚えながら、晩白柚を夏の終りに買い求めていたような記憶があったの
 ですが、大きな誤認でした。

 どうやら私は晩白柚とザボンを混同して憶えていたようです。

 穀雨の本日は、雨がちらつく地域もあるようです。
 恵みの雨になりますように、願っています。

 文中にみかんの収穫についての記載があります。
 詳しくは、社団法人農林水産技術情報協会さんの「みかんとその仲間たち」
 をご覧ください。

 http://www.afftis.or.jp/mikan/index.html
「みかんとその仲間たち」のアドレスです。
 http://www.kasias.or.jp/ja-ysc/tokusan/banpeiyu01.htm
 晩白柚につきましては、JAやつしろさんのページをご覧ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 きゅうりを育てたい理由

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 きゅうりを育てたい理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月19日は、良いきゅうりの日。
 「よ(4)い(1)きゅう(9)り」の語呂合わせから。

 以前、朝食はヨーグルトにバナナです、とお話ししたことがあるような気が
 しているのですが、実は、トーストときゅうりも食べています。

 朝が早いので、第1回目の朝食にヨーグルトとバナナを食べ、第2回目の朝
 食にトーストときゅうりを食べています。

 つまり、今気がついたのですが、僕は1日4食食べていました。

 しかし、きゅうりについては、価格変動が激しいようで、切らしていること
 がよくあります。
 こういうことも食育につながるのかもしれないと無理に納得するようにして
 います。

 以前ミニトマトは育てたことがあるのですが、今は時間があればきゅうりを
 育てて、安定的な食につなげたいと考えています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 湯飲みを買う

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 湯飲みを買う
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月18日は、せと陶祖まつりの2日目。
 陶祖 加藤四郎左衛門景正の遺徳を偲ぶおまつり。

 先日、湯飲みを割ってしまったため、昨日「品野陶磁器センター」へ行って
 買ってきました。
 http://www.toujiki.or.jp/index.html
 (品野陶磁器センター *音でます)

 品野陶磁器センターは、メイン会場のある駅周辺からはちょっと離れていて、
 車でなければ行けないようなところにあるのですが、品揃えは一番多いので
 こちらに行きました。

 しかし、探してみるとなかなか気に入ったものが見つかりません。
 ポイントは、お茶がたくさん入って、軽くて、内側は茶の緑がよく見える白
 色の3点です。

 そして諦めかけていたとき、表にでていたテントのお店でちょっと気になっ
 た湯飲みがあり、それを買ってきました。

 同じ柄で、取っ手のあるものが700円で、無いものが1000円でした。
 僕は迷わず、取っ手の無いものを買ったのですが、後になってお祭りなのに
 値段交渉するのを忘れていたことに気がつきました。

 せめて、取っ手の無いほうが高い理由を聞いてくれば良かったと少々後悔し
 ているのですが、満足したものに巡り会えたのでよかったです。

 せと陶祖まつり
 http://www.setocci.or.jp/setotousomatsuri/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 自然に逆らう魅力

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 自然に逆らう魅力
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月17日は、なすび記念日。
 「よ(4)い(1)な(7)す」の語呂合わせから。

 昨日は京都往復の新幹線の中、「らんちう」(金魚)の本を読んでいました。
 その中に「茄子胴」という言葉がでてきます。
 胴の断面が、ナスのような形をしたものをいうそうです。
 しかしこの「茄子胴」はあまり価値のある形ではないそうです。

 「らんちう」の胴の形では、2リットルペットボトルを横に寝かせたような
 断面の角胴が最も価値があるそうです。

 まだ本も途中なので中途半端な知識ですが、ここまでの感想では、「らんち
 う」とは、自然に逆らうところが魅力の金魚のように思えます。

 つまり、いかにも泳ぎにくそうな体つきこそが最も美しく、価値があるよう
 な感じがします。
 それは、交配によって作り出すものなのですが、自然に逆らうものを作り出
 す難しさに魅力があるように思いました。

 「らんちう」自身はどう思っているのか分かりませんが、自然対人間の競技
 のように思いました。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

不思議な感覚

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 不思議な感覚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月16日は、映画「となりのトトロ」が劇場公開した日。(1988年)

 僕が初めて「となりのトトロ」を見たのは、教育実習の最中のお休みの日で、
 一人お家でビデオで見ていました。

 始まって5分くらいのあたりだと思いますが、家族3人が新しいお家に着い
 て、メイとサツキがお庭ではしゃいでいるシーンを見て、いきなり涙があふ
 れ出てきたのを覚えています。

 自分でもよく分からないのですが、心の奥の奥にあったものが一気にでてき
 た感じで、とても不思議な感覚でした。

 今まで同じような体験をした人に出会ったことはないのですが、多分、1000
 人に1人くらいはいるのではないかと思っています。

 話は変わりますが、今日はこの後京都へ行くことになりました。
 行きは新幹線ですが、帰りはお金はないし、時間はあるし、読みたい本もあ
 るので今のところ鈍行で帰ろうかと思っています。

 最近、読書は電車の中でしかできない体質になりつつあります。
 そういう人は、結構いるかもしれませんね。 
 大好きな村上春樹さんの本を読む心の準備ができていないのが残念です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ドラえもんはすでにいるのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 ドラえもんはすでにいるのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月15日は、ドラえもんの声が大山のぶ代さんから水田わさびさんに代
 わった日。(2005年)

 そういうわけで、ウィキペディアで「ドラえもん」を見ていたら、あらすじ
 が載っていました。

 簡単にまとめますと、のび太が残した借金が子孫の代まで及んで困っている
 ため、22世紀からのび太の子孫が送り込んだ「ドラえもん」が、のび太と暮
 らしながらよい方向へと導いてくれるストーリーだそうです。

 そういうあらすじだったとは初めて知ったのですが、僕の頭の中では、のび
 太がまるで現代の日本のように映ってしまいました。
 つまり、「のび太=日本」ということです。

 そうすると、今の日本にはドラえもんが必要ということになるのですが、現 
 在すでに現れているのか、それともこれから現れてくれるのか、ちょっと心
 配なところです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 環境を変える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 環境を変える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月14日は、良い年の日。
 「よい(4)とし(14)」の語呂合わせから。

 今日で年始から104日目ですが、いかがお過ごしでしょうか。
 もしもいまひとつと感じている方は、年末まではあと261日ありますので、
 焦らなくてもまだまだ大丈夫です。

 最近、自分にとって一番大切なものは環境かなと思うことがあります。
 僕自身はたいした人間ではありませんので、今よりも少しでも成長するため
 には、環境の影響が大きいのではないかと感じています。
 
 日本に生まれ育ったことだけでも大変恵まれていると思うのですが、それに
 加えて、情報で溢れているこの時代は結構簡単に自分の環境を変えることが
 できるのではないかと考えています。

 例えばですが、テレビのスイッチを入れるだけで大企業の社長さんやオリン
 ピック金メダリストの貴重なお話を聞けたり、インターネットでは前にも紹
 介しましたがスティーブ・ジョブズ氏のスタンフォード大学卒業式での祝賀
 スピーチをいつでも好きなときに見ることができるわけです。

 多分、一生お目にかかることのない偉大な方の映像を簡単に触れることがで
 きるということは、ものすごいことなのではないかと思っているのです。

 こんなチャンスは今までの時代なかったことですので、日々精進したいと思っ
 ています。  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 喫茶店

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】  喫茶店 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。井上です。  
 本日、4月13日は喫茶店の日です。
 日本初の喫茶店、「可否茶館」さんが東京にできた事に由来するそうです。

 喫茶店と申しますと、今後も全国に広まるのを願うサービスがあります。
 愛知県周辺の方には当たり前のことかもしれませんが、全国的に名高い「モー
 ニングサービス」です。
 

 初めて名古屋の喫茶店で、こちらのサービスを体験しました時には、非常に
 驚きました。
 確か、コーヒーをお願いしましたら、トーストや玉子がどんどん運ばれてき
 たと思います。
 しっかり頭が起きておりませんでしたので、お店の方に注文内容を再度お伺
 いしてしまったような記憶もあります。
 (他の方のご注文が来てしまったかと、はらはらしてしまいました……)

 そのようなやり取りの後に、名古屋在住の友人が喫茶店に到着してくれ、安
 心して食べても良いことを教えてくれました。
 10年ほど前ですので、記憶も曖昧ですが、びっくりしつつも大感謝の記憶が
 あります。

 最近はファストフードやいろんな形態のお店で、モーニングサービスが増え
 てきました。
 こちらも今後が楽しみです。
 
 珈琲や紅茶の種類を問わず、起き抜けにおいしい飲物をいただきますと、そ
 の日が上手く回っていくような感じがいたします。
 
 日本茶も新茶の予約販売がはじまりつつあるようです。
 季節の移り変わりを感じる卯月半ばでした。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 炭火とりシリーズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 炭火とりシリーズ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月12日は、パンの記念日。
 1842年のこの日、日本で初めて乾パンのようなものを焼いたと言われている
 ことから。

 先月の両親の鹿児島旅行で、泊まったホテルの朝食はバイキングだったそう
 ですが、ご飯はあるのにパンがなかったそうです。
 そこで父は「パンのないバイキングは初めてだ」と大声で言いうので、母は
 恥ずかしかったそうです。

 ところで、お休みをいただいていた間、一人で外食する機会が多かったので
 すが、牛丼で有名なS家さんに3度食べに行きました。

 朝食が1回に夕食が2回です。

 牛丼に飽きたわけではないのですが、心がアグレッシブだったせいか新しい
 メニューに挑戦してみました。

 「炭火とりマヨ丼」です。
 炭火で焼きあげたやきとりに青ネギ、からしマヨネーズ、そして生卵です。
 それほど期待していなかったのですが、予想外に美味しくて、2回目は「炭
 火とりたま丼」を食べました。
 こちらも美味しかったのですが、どちらかというと個人的には「炭火とりマ
 ヨ丼」のほうがオススメでした。

 朝食は定番の「納豆朝食」をいただきました。
 
 本当はホテルの朝食があったのですが、その日は7時には地下鉄に乗らなけ
 ればなかったため、それだけが少々残念でした。
 お陰様で、プロジェクトのほうは計画通り進みました。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 行動すれば何かが起きる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 行動すれば何かが起きる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月8日は、参考書の日。
 このころに入学式が多いことから。

 大学受験をはじめ、今まで参考書でいろいろ勉強してきました。
 勉強はとても大切だと思うのですが、学んだことを行動に移せなければ価値
 は半減してしまうかもしれないと最近思うことが多いです。

 人は豊かになるために行動し、そのために学んでいるのかもしれません。

 私事で申し訳ないのですが、明日は再び新しいプロジェクトです。
 先週と同じメンバーで、今回表に名前は出ないのですが、ウィキペディアに
 名前が載っているような方ともご一緒させていただいております。

 これは全くの偶然で、僕は驚き、そして恐縮しているわけですが、ぐるぐる
 行動していれば、いろいろなことが起こるものだと思っているところです。

 現在折り返し地点の少し手前だと思います。

 とにかく、失敗をおそれず、体当たりで、そして笑顔で頑張ろうと思ってい
 ます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 Y家とS家

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 Y家とS家
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月7日は、年始から97日目。
 今年は一人で外食する機会が多く、つまり、大好きな牛丼屋さんを食べ歩い
 ています。
 といっても、僕にとっての牛丼は、1にY家さん、2にS家さんです。

 その牛丼屋さんに最近変化を感じましたので、今回は個人的な意見を書かせ
 ていただこうと思っております。 

 以前にも少し書いたことがあるのですが、牛丼で有名なY家さんが個人的に
 はちょっと心配なんです。

 はじめの心配は「箸」の形にありました。
 割り箸からエコを意識して繰り返し利用できる「リターナブル箸」に1年ま
 えから変わりました。

 繰り返し使える箸は地球にも優しく、とてもよいことだと思います。
 しかし、その形が、先が太くて食べづらいものになってしまいました。

 「リターナブル箸」とは、そういうものなのかと思っていたのですが、同じ
 く牛丼で有名なS家さんは、細くて食べやすい「リターナブル箸」でした。

 よく見ると、Y家さんのは四角形、S家さんのは五角形でお客さんの使い心
 地を意識したものと感じられます。

 その他には、豚汁の器があります。
 Y家さんの豚汁の器は、上手い表現が思いつかないのですが、底が平らになっ
 ていて、少々食べづらい形をしています。
 わざわざ特徴のある形にしたように思えて、これは推測なのですが、洗い易
 さ、または収納のし易さを目的にした形なのかと思ってしまいます。
 それに対して、S家さんの豚汁の器は普通のお椀型になっています。
 それだけならまだ我慢できるのですが、味が明らかにS家さんのほうが美味
 しくなっていて、それを知った瞬間、少々オーバーなのですが、愕然として
 しまいました。

 あくまでも個人的な感想なのですが、僕の大好きなY家さんにはお客様目線
 というものが存在しないようで、このままではまた同じ過ちを繰り返してし
 まうのではないかという心配がして、夜もなかなか眠れなかったのです。
 (夜が眠れなかった原因は、枕が違ったせいかもしれません)

 とにかく、学生の頃はアルバイトもさせていただいた本当に大好きなY家さ
 んですから、なんとか美味しい牛丼をこれからも作り続けていただきたいと
 心から願っているわけです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 挑戦するにはうってつけの時期

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 挑戦するにはうってつけの時期
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。井上です。  

 本日、4月6日は北極の日で、コンビーフの日です。
 北極の日の云われは、アメリカのピアリーさんが人類初めて到達なさったこ
 とからきているそうです。
 そして、コンビーフが特許を取得した記念日でもあります。
 探検隊や缶詰めと耳にしますと、「開拓」や「フロンティア」と申します言
 葉が頭に浮かびます。

 日本では多くの学校が入学式を行う日でもあります。
 何かを始めたり、挑戦するのには、4月はうってつけの時期なのかもしれま
 せん。

 例えば、元旦に立てた計画を再考してみたり、新年度向けの決意をするのに
 は、切掛けが必要かしら…と思います。
 そんな時には、本日を契機にできそうです。

 先週末、自宅のポストに入っていましたチラシには、ダイエットについて
 「真剣勝負です!」と力強いコピーが書かれていました。
 6月の衣替えに向けて、体型を整えたい場合には、4月から準備を計画せね
 ばいけないのだと痛感です。
 私自身は10代の頃に比べますと、ダイエットの効果が反映するまでに、少々
 時差が生じるようになっておりますし。

 まずは、時間が許す限り歩こうと思います。
 幸い、私の住む街には坂道がたくさんあります。
 外出の帰りには、バスを早めに降りて帰宅することから始めます。

 その他の良い案を今の時点では思いついていませんが、少しずつ動くことを
 始めていく予定です。

 4月6日は開拓精神が発揮されました日でもありますように、心機一転の一
 日なのかもしれません。

 そして、本日ご入学のみなさま、おめでとうございます。
 私も両親に連れられて小学校に初登校した時の、わくわくとした気持ちを思
 いだしました。

 寒の戻りの特異日ではありますが、実りある朝になりますように願っていま
 す。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 何度も申し訳ありません

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 何度も申し訳ありません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
 小林です。

 今日4月5日は、清明(せいめい)。
 1年を24に分けた二十四節気で、万物がすがすがしく明るく美しいころ。

 二十四節気をもっと細かくした七十二候は、清明の期間を以下の3つに分け
 ています。

 ・玄鳥至(げんちょう いたる):燕が南からやって来る
 ・鴻雁北(こうがん きたす):雁が北へ渡って行く
 ・虹始見(にじ はじめて あらわる):雨の後に虹が出始める


 今年の目標は漢字で「跳」と決めたことはお正月のころにお話しいたしまし
 た。
 今まで、いろいろなことを考えても行動が伴なっていないことが大きな反
 省点でした。
 そして今、上手な跳び方も体得しないまま、大きな崖をジャンプしてもがい
 ている状況です。
 大変なことは当然なのですが、できるだけそれを楽しみたいと思っています。
 なぜなら、ひとつのことを成し遂げるには、数えきれないほどの失敗が必要
 だと思っているからです。

 しかし、「THE 新聞(朝刊)」の読者様にもご迷惑をおかけしていることは
 大変心苦しく思っております。
 本当に申し訳ありません。
 今月山場をむかえているところです。
 何卒、ご理解をいただけますようお願い申し上げます。
 (購読解除の場合は、文末のURLよりいつでもできるようになっております)

-------------------------------- ・ --------------------------------

 今月9日(金)、10日(土)、11日(日)と私用のためお休みをいただきま
 す。

 ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 THE 新聞(朝刊)
  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
  配信希望(無料)はこちら http://www.mag2.com/m/0000207232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。